口臭の大きな原因となる舌苔の存在

舌苔による口臭
酷い口臭の一番の原因は歯周病であることが多いものの、地味に侮れないのが舌の上に付着する「舌苔(ぜったい)」です。

舌苔は食べかすや細菌、唾液などが舌の表面のひだ上の部分に蓄積されているもので色は白っぽく、口臭対策に舌苔を取る器具も売られているように、口臭の大きな原因のひとつとなっています。

もしよく分からないという方は試しに爪で軽く舌の上をこすってみると白いペースト状のものが取れますので、それを指で広げて臭いを嗅ぐと…結構な臭いがすると思います。

自分で口の前に手を当てて息を吐き「なんか臭いな」と思っても、舌苔を綺麗に取り除くと口臭がかなり改善することも多く、舌苔がいかに口臭の原因になっているかが伺えます。

ここでは歯周病に負けず劣らず口臭の原因となる舌苔について取り上げてみます。

舌苔が付くことは防げるのか?

舌苔は口臭の大きな原因となりますからできれば付着させたくないですよね。

しかり舌苔は食べかすや唾液、口内細菌、舌の老廃物などで構成されているため健康な人であれば必ず付いてしまうもので、これを取る器具を使ってしっかりと取り除いたとしても1日経てば新たな舌苔が付着しているはずです。

ただ、これらは食事をする際の咀嚼や正常な唾液の分泌によってある程度は自然と落ちていくもので、普通の生活を送っていれば舌苔が極端に蓄積されることはありませんが、近年の柔らかめの食事によって舌苔が落ちづらくなっている面は否定できません。

また、舌苔の付着具合は体調面に左右されることがあり、あまりにも大量についている場合は胃腸や口内環境に問題があることも。

口の中が乾燥気味なのも舌苔や口臭の増加を招き、その原因として挙げられるの代表的なものは口呼吸や喫煙、飲酒、加齢による唾液の分泌量の体かなどです。

逆にまったく舌苔が付かないというのも問題で、そういった場合の背景には栄養不足などが潜んでいたりします。

舌の上に白い舌苔がうっすらと付くというのは健康の証でもあり生理現象のひとつでもありますので、基本的に舌苔を付けない方法というのは存在しません。

舌苔を取り除くには

健康で生活習慣に問題がない人であれば舌苔は唾液の分泌や食事によって自然に落ち口臭の大きな原因になることはあまりありませんが、誰もが健康で理想的な生活を送っているわけではなく、人によってはお酒を飲んだりタバコを吸ったりしますし、寝不足や体調不良になる時もあれば、ついつい暴飲暴食をしてしまうこともあるでしょう。

口臭が気になっている時に舌苔を取り除くと大きな改善がみられることも多々あるので、舌苔の取り方を知っていて損はないはずです。

舌苔の基本的な取り方は…

  • ■スプーン状のものや専用の器具を用いる
  • ■決して力を入れず軽くこする
  • ■すべてを取り切ろうとは考えない

舌は非常にデリケートで、強くこすってしまと簡単に傷つき、それが原因で口内炎になったり新たな口臭の元となったりといったことが起こりえます。

そのためなるべく幅の広い器具を用い力が一点に集まらないようにし、かつ力を入れず軽くこするようにします。この際欲張ってすべて取ろうとするとどうしても力が入ったり、こする回数が増えたりしてしまうので、あくまでも「大まかに取れればいい」というスタンスで。

舌苔が大量に付着していると口内のアセトアルデヒドの濃度が増し舌がんや喉頭がんの原因になるという研究結果もありますので、適切な舌苔除去は口臭改善と共にがんの予防にもつながる可能性があります。

ただ、舌苔をきれいに取ろうと日常的に舌を強くこすりすぎると傷が慢性化し場合によってはそれが舌がんの原因になってしまうことも考えられますので、くれぐれも「軽くこする」を心がけて下さい。

口臭予防はトータルた口腔ケアが重要

口臭の原因の多くは口腔内に潜んでおり、その中でも大きな原因となりうるのが今回取り上げた舌苔と歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病がある程度進行していると舌苔の量が増える傾向にあり、また歯周病によって出てくる膿が舌にも付着するため舌苔自体の臭いも強烈になってきます。

どんなにきれいに舌苔を取り除いても歯周病が進行していれば口臭は改善されませんし、歯周病を治しても健康状態の悪化や生活習慣も乱れによって舌苔が大量に付着している状態であればやはり口臭は改善されません。

逆に考えれば口内環境をしっかりと整えれば口臭の多くは消え去ることを意味していますので、舌苔のみに囚われずトータルの口腔ケアを心がけて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする