糖尿病の人の口臭が酷くなる原因

糖尿病特有の口臭の原因
糖尿病と口臭…一見なんの関係もないように感じますよね。

糖尿病といえば血液中の糖濃度(=血糖値)が高くなることによって動脈硬化が進行し神経や目、腎臓などに合併症を起こすほか、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも高まる恐ろしい病。

そんな恐ろしい糖尿病ですが、なぜ口臭にも影響を与えるのか?
その原因とメカニズムについて詳しく触れていきたいと思います。

そもそも糖尿病とは?

まず簡単に糖尿病について触れておきましょう。

糖尿病の中でも95%以上を占める「2型糖尿病」は暴飲暴食を繰り返すなど何らかの理由で膵臓が疲弊し血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が減ってしまう、もしくは肥満などの影響でインスリンの効きが悪くなって発症するため生活習慣病の典型的な病気です。

2型以外にも生活習慣とはまったく関係なく若年層の発症が多い1型糖尿病や、妊娠中に発症する妊娠糖尿病があります。

インスリンの分泌が減ったり効き自体が弱くなってしまうと血液中の糖を細胞内に取り込めず血糖値が高くなってしまうのが糖尿病のメカニズムになります。

高血糖の状態が続くと血管の内皮に傷が付き、そこにLDLコレステロールや、それを処理するために集まったマクロファージの死骸が蓄積し血管が狭くなってしまい、それを「動脈硬化」と呼びます。

それが体中のあちこちで繰り返されると毛細血管から詰まっていくようになり血流が低下、結果神経障害や網膜症、腎症に代表される合併症を引き起こすようになり、またその状況では血栓ができやすく、狭くなった血管が詰まることによる心筋梗塞や脳梗塞などもリスクも高まります。

これが糖尿病の簡単なメカニズムになります。

糖尿病だと口が臭くなる理由

近年の研究で糖尿病と歯周病に関連性があることが分かっています。

糖尿病になると全身の血流が悪くなっていきますから歯茎に十分な栄養と酸素が行き渡らなくなり、その上糖尿病下では体の免疫力も落ちますから歯周病にかかりやすくなります。

つまり糖尿病になると歯周病を誘発しやすいということになるのですが、実はこの逆もまた然りで、歯周病が悪化すると歯周病菌が血液に乗って全身に回り、これがインスリン抵抗性となってインスリンの感受性を落とし糖尿病の発症、悪化に繋がるのです。

そう、糖尿病が歯周病を引き起こし、そしてその歯周病が糖尿病を悪化させるという悪循環が繰り返されるという恐ろしい事態に

歯周病は口臭の大きな要因のひとつで、顔を背けたくなるようなドブ臭い腐敗臭を放つ口臭の原因のほとんどは悪化した歯周病(歯槽膿漏)になります。

糖尿病だと口が臭くなる原因はここにあるのです。

糖尿病の治療と歯医者での受診を

もし糖尿病になってしまったら歯周病リスクは確実に高まり、それはさらなる糖尿病の悪化を引き起こしますから、双方での治療が必要不可欠になります。

糖尿病が疑われる場合には一刻も早く病院で受診し食事療法や運動療法、場合によっては薬物療法やインスリン注射による治療を行うべきで、それと同時に歯医者で診察を受けるようにして下さい。

糖尿病というのは症状が落ち着く「寛解」になることはあっても完治は難しいのが現状なので、予防が何より重要になります。

デブで糖尿病で口臭いなんて人として目も当てられませんので、歯周病による口臭はもちろん恐ろしい合併症にならないためにも糖尿病の予防・治療に努めるようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする