歯周病(歯槽膿漏)がもたらす強烈な口臭

歯周病がもたらす強烈な口臭
口の嫌な臭い…いわゆる口臭の原因は様々ありますが、もっとも強烈な臭いを放つのは長年放置された歯周病(歯槽膿漏)によるものと言っても過言ではないでしょう。

私は虫歯もないし毎日歯磨きしているから大丈夫

そう思っている人も多いと思いますが、男女問わず30代以降になると8割程度の人が大なり小なり歯周病を抱えており、歯周病による口臭は決して他人ごとではないのです。

歯周病による口臭が酷い人と話していると吐き気すらもよおすほど強烈な臭い…いったしそれはどんな臭いで、もし自分に心当たりがあるのならどうやって改善・予防していくべきなのでしょうか。

歯周病が強烈な口臭を発生させる原因は?

歯周病になる原因は食後の口内環境の変化などから細菌が繁殖して発生する「歯垢」、およびそれが固くなって歯に付着した「歯石」によるもので、この歯垢や歯石には虫歯菌や歯周病菌をはじめとして億単位の細菌が潜んでいます。

これらを放置していると軽度な歯肉炎から目に見えて歯茎が腫れている歯周炎に移行し、深くなった歯周ポケット深くに歯垢や歯石が入り込み骨を溶かしはじめ、やがて膿を持つようになってきます。

この膿自体が強い腐敗臭を放つのはもちろん、歯周ポケットに入り込んだ多くの細菌によって口臭は悪化、誰もが顔をそむけたくなるほどの臭いを発生させるようになってくるのです。

歯に無頓着な人は歯周病に加え虫歯を放置している場合も多々あり、悪化した虫歯や死んで腐敗した神経からの臭いが口臭をさらに酷いものにしている可能性も。

歯周病による口臭を改善・予防するには

歯周病を根本から治すには歯医者にかかる以外にありません。

なぜなら強い口臭を発生させるほど歯周病が悪化しているということは相当な量の歯垢や歯石が沈着し炎症を起こしていることを意味し、また歯周病が進行していると腫れによって歯周ポケットが深くなり中の歯垢や歯石を自分で除去するのは不可能だからです。

一般的にはスケーラーや超音波の器具を使って歯垢や歯石を除去していきますが、歯周病が進行し歯周ポケットが5mm以上の深さがある場合はスケーラーなどでは歯石を取りきれないため外科的に歯肉を切開して歯石を取り除く場合も。

そうならないためにも口臭や歯周病が気になっている人はすぐにでも歯医者にかかるべきです。

また、目立った口臭がないという人でも半年に1回くらいは歯石を取りに行くべき。なぜならどんなに上手に歯磨きを行える人でも歯垢を完全に取り除くのは不可能で、少しずつ歯石が付いてしまうからです。

歯垢や歯石を自分の力で完全に取り除くのは不可能ということを忘れないで下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする