なた豆のお茶やサプリメント、歯磨き、どれの効果が高い?

なた豆はお茶と歯磨きどっちが効果ある?
周囲の人間を不快にさせる口臭に高い効果を示す「なた豆(ナタマメ)」。

このなた豆には抗炎症作用や排膿効果がある独自の成分「カナバニン」が豊富に含まれており、それが口臭防止に高い効果を発揮するものの、一口になた豆といってもお茶やサプリメントなどの飲むタイプと歯磨きやマウスウォッシュのような直接口を洗うものに大別されます。

口臭が気になっているからこそなた豆を使うのですから、できるだけ効果の大きいものを使用したいというのが人情だと思いますが、様々なタイプの製品が発売されておりどれが一番効果があるのか分かりづらいですよね。

ここではそれぞれの特徴と効果の具合を詳しく見ていきたいと思います。

なた豆茶の特徴

なた豆茶とはその名のとおりなた豆を焙煎し、ティーバッグタイプを水やお湯に入れたり煮だしたりして有効な成分を抽出し飲む方法で、味に関しては玄米や黒豆、桑の葉などを用いた各社のブレンド具合によって大きく変わってきます。

普段飲んでいるコーヒーや紅茶、お茶といったものに置き換えることでなた豆の有効成分である「カナバニン」や「コンカナバリンA」「ウレアーゼ」を摂取できるとあって高い人気を誇ります。

「お茶」という性質上飲む際に口内に広がる上に体内にも取り込まれるとあって、歯周病舌苔(ぜったい)など口の中の口臭の原因に直接働きかける効果と、体内に取り込まれることによる内側からの効果が同時に期待できるのが最大の強み。

一方、様々なものをブレンドして作るお茶という性質上「なた豆がどの程度使われているのか」が分かりにくく、また口臭に効果のあるカナバニンなどが煮だしやティーバッグからどの程度抽出されるのかが不透明というデメリットもあります。

とはいえ口内への直接的な効果と体内からの間接的な効果の双方が望めるのはお茶という形態を取るなた豆茶のみなので、体の内外から口臭に働きかけてくれる万人に向けたバランスの良いなた豆の摂り方・使い方と言えるでしょう。

なた豆サプリメントの特徴

続いてはサプリメント。

なた豆のサプリメントは排膿作用や抗炎症作用のあるカナバニンや腎機能の改善などに役立つコンカナバリンAやウレアーゼ、高い抗酸化作用があるポリフェノールなどを積極的に体内に取り込み内側から口臭や蓄膿症などを改善していく健康食品です。

錠剤やカプセルになるので口内で直接口臭に働きかける効果は期待できないものの、多くは1日分でなた豆茶数杯分の有効な成分が含まれていて、またお茶のように「どの程度の成分が抽出されるのか」「ブレンド茶なので実際に含まれるなた豆の量が不透明」という不安が少ないのも特徴でしょうか。

口臭のみならず健康面への好影響も期待できることから、総合的な「効果」という面においてはサプリメントが一番優れていると見て良いでしょう。

なた豆歯磨きのメリットデメリット

最後になた豆の歯磨きはどうなのでしょうか?

歯磨き粉としてなた豆を使うと歯を磨いている数分間~十数分間口の中に留まり、なおかつ歯周ポケットにもしっかりと行き渡るため歯茎の炎症や歯槽膿漏に対するアプローチは抜群です。

歯茎の隅々まで浸透し炎症を抑えつつ排膿を促すため磨き終わった後は口の中がサッパリするだけに留まらず、歯茎が引き締まり口臭が抑えられている実感を得ることができるでしょう。

ただ、歯周病の原因は長年蓄積された歯垢や歯石によるものなのでなた豆歯磨きだけで治癒させることは厳しく、あくまでも歯周病や口臭を軽減させるものという位置づけになります。

また口の中だけのアプローチであることから蓄膿症やそれに伴う口臭、なた豆が持つ腎機能改善などの健康効果は期待できません。

歯周病や口臭など口の中だけの問題に対してはもっとも効果が高いものの、それ以外の効果は期待できないという非常に割り切った存在なのがなた豆歯磨きの特徴です。

お茶とサプリメント、歯磨きどれを使えばいい?

なた豆と一口に言ってもタイプは大きく異なりますから、自分の状況に合ったものを使うことが効果を最大限に引き出すコツになります。

とにかく口臭をどうにかしたい」「歯周病を軽減させたい」というのであればなた豆歯磨きで朝昼晩歯を磨けば口臭予防や歯周病の軽減がしっかりと期待でき、口臭を抑える即効性もあるため口の中の効果に関してはこれが一番です。

一方、蓄膿症などへの対応やなた豆が持つコンカナバリンAやウレアーゼによる腎機能の改善なども考えるのであればお茶かサプリメントという選択肢になってきます。

体全体の抗炎症作用や抗酸化作用など長期的な効果の大きさを追求するのであればサプリメントが適していますし、もう少し口臭に強くアプローチしたいのであれば飲むことで口の中にも行き渡るなた豆茶がベスト。

これらを簡単に分別するなら…

  • ■口臭や歯周病など口の中の問題に特化 … 歯磨き
  • ■口臭にアプローチしつつ全身効果の望めるバランス型 … お茶
  • ■内面から体への効果に特化 … サプリメント

…という感じです。

当サイトのテーマである臭いに対しては歯磨きが一番効果があるものの、せっかくなた豆を使うのですから体への健康効果も捨てがたく悩ましいところで、理想を言えば歯磨きとサプリメント・お茶を併用することになってしまうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする