便秘になると息がうんこ臭くなる

便秘だと息がうんこ臭くなる?
便が何日も出ない便秘に悩む人は女性を中心に非常に多くいらっしゃいます。

基本的に便は食事などによって常に作られているため毎日出すのが理想であるものの、様々な理由・原因によって毎日のお通じがなく溜めこんでしまっている人が多々見受けられます。

もはや便秘が日常と化してしまっている方も多いと思いますが、便秘は女性の死因第一位である大腸がんのリスクを高める可能性があり、また便が固くなることによって「痔」になってしまったり、腸内環境の悪化によって免疫力が低下し万病の元になってしまったりすることも。

そんな何のメリットもない便秘に追い打ちをかけるように「息がうんこ臭くなる」など口臭への影響も無視できないのはご存知ですか?

なぜ便秘が口臭の原因になってしまうのか?

便秘が口臭をうんこ臭くする

そう聞くと何となく「腸に溜まった便の臭いが腸から胃、食道を通って口に出てくる」という印象を持ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

胃が悪いと口が臭くなる?でも書きましたが、胃と食道の間には内容物や臭いが戻ってこないよう弁があり、腸はおろか胃の臭いすら直接戻ってくることはないのです。(げっぷは別です)

便秘になると腸内で食物や便が腐敗・発酵したり、また菌の塊でもある便が多量に存在することによって腸内環境が悪化し悪玉菌が優位となり、有害な物質やガスを発生させます。

それは”おなら”として排出されるのはもちろん、行き場をなくしたものは腸壁から吸収されるようになり、それは血液を通って全身を回り体臭として現れてくるのです。

その臭いが混ざった血液は当然肺にも到達しますから、結果として呼気にも出てくることになり、これが便秘が息を臭くする大きな原因になります。

なぜ便秘になってしまうのか?

そもそも、本来毎日出るはずの便通が滞り便秘になってしまう理由はなんなのか?

これには様々な要因が重なるものの、代表的なものは以下のようになります。

ホルモンバランスの乱れ

女性の便秘の大きな原因の一つになっているのが「ホルモンバランスの乱れ」で、これは生理周期と密接に関係しています。

女性は生理の周期によって女性ホルモンの分泌は絶えず変化しており、排卵から生理にかけては妊娠に備え黄体ホルモンの分泌が活発に起きるようになり、これは妊娠の有無に関わらず女性であれば誰でも同様です。

黄体ホルモンが増えている状況下では食欲を増やす一方栄養や水分を体内に溜めこむため腸内の働きを低下させ、それが便秘を引き起こす原因になってしまうのです。

一方、いざ生理が来ると今度は生理痛などによって食欲が一気に落ちるなど環境が目まぐるしく変わることも女性の便秘が多い一因になっています。

食生活の乱れ

食の欧米化が叫ばれる昨今、大きく変わったのが肉食の広がりと食物繊維摂取量の減少。

適度に肉を食べることは3大栄養素であるたんぱく質や脂質を摂る上で非常に効率的なのですが、日本人は長い歴史の中で遺伝的に肉を分解しにくい体となっており、過剰な肉の摂取は腸内の環境を悪化させます。

また、食の欧米化に伴って消化・吸収されず糖の吸収を穏やかにしたり便通を促したりする食物繊維が不足しがちで、これも便秘の増加に拍車をかけています。

運動不足やそれに伴う筋肉量の低下

運動をすることによって血行が良くなったり消化器官の動きが活性化されるなど、体を動かすことは便秘を起こさないために非常に重要なのですが、社会人になると運動をしなくなる人が非常に多く、それが便秘の一因になっています。

また、腹筋などの筋肉は腸の蠕動運動にも影響を及ぼし、運動不足などによって筋力が弱いままだと腸の働きが弱まることによって便秘を引き起こしやすくなり、男性に比べ筋肉量の少ない女性にはこの傾向が顕著に見られます。

便意があっても我慢してしまう

便は溜まっているからといっていつでも出せるわけではなく、便意がある時でないとなかなか出ない傾向にあります。

そのため便意を感じたらすぐにトイレに行き“出す”のが理想的なのですが、学校や仕事場などでは自由にトイレに行けない状況も多々あり、特に女性は音や臭い、トイレに行くことを知られる恥ずかしさなどによって便意を我慢しがちです。

しかし一度便意を逃すと今度はいつ来るか分からず便はどんどん溜まっていってしまい、溜まってしまった便は腸に水分を奪われ固くなってしまうため、今度は便意があってもなかなか出ず便秘に拍車がかかってしまうという悪循環も。

便通はタイミングも重要であるため、便意を感じたら躊躇せずトイレに行くことがなにより重要になります。

便秘による口臭を防ぐために

便秘による口臭を防ぐためには一にも二にもお通じを良くする必要があります。

そのためには…

  • ■規則正しい生活を送る
  • ■野菜や果物など食物繊維の多い食事を心がける
  • ■ウォーキングでもストレッチでも可能な限り運動を取り入れる
  • ■便意を催したら確実にトイレに行く

特に女性の場合はホルモンや生理の影響、筋肉量、トイレに行きづらいといった面から便秘になりやすいので、便秘に悩んでいる場合はトータル的にしっかりとした対策が必要になります。

便秘は万病の元である上にお腹がポッコリ出たり体臭や口臭の原因になったりと女性としての魅力も減少させてしまうので、可能な限り生活を見直し毎日お通じがある理想的な環境を手に入れるようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする