足の臭いは夏より冬が酷い? その原因と対処法

冬は夏より足が臭い?
冬は厚着をするとあって色々なオシャレを楽しめる季節です。

当然冬は寒いため汗をかく量は夏に比べ少なくなるため体臭などのケアを怠りがちですが、実は冬の足の臭いって思いのほか強いことをご存知ですか?

「冬は汗をかかないから大丈夫」と油断しているあたな。もしかしたら周囲の異性をドン引きさせているかもしれませんよ。

なぜ冬に足が臭くなるの?

足の臭いの大きな原因となるのは細菌や雑菌で、多くの人が臭いの原因になると思っているであろう「汗」は本来無臭。靴の中や足、爪に付着している菌が高温多湿の状況で汗や角質をエサとして増殖することであの独特の嫌な臭いを発生するのです。

そのため冬のように汗をかく量が少なければ臭いの発生も少なくなりそうなものですが、実は靴を履いた足というのは冬でも結構汗をかきます。

それに加え冬は仕事以外でも通気性・吸収性の悪いタイツやブーツなどを履く機会が増え、靴の中は劣悪な環境に。

タイツとブーツ、場合によってはそこに厚手の靴下を組み合わせることもある冬のファッションでは夏場のストッキングにパンプスという状況以上に通気性が悪く、外気温に反して高温多湿で蒸れやすく、また臭いが抜けずこもってしまうのです。

せっかくオシャレをしていても足が臭ければ台無しですよね。

女性だけじゃない 男性も冬の足の臭いに注意

女性は冬になるとタイツやブーツを履く機会が増えるので足が臭いがちになるのは分かっていただけたと思います。ただこの問題、何も女性に限ったことではないのです。

男性は冬になってもタイツやストッキングを履くことはなく(一部のコアな趣味を持つ人は除く)夏場と同じ靴下に靴というのがスタンダードだと思います。

ただ、男性でも冬になればブーツを履く人は多くなりますし、靴下も厚手のものを履く機会が増えるため夏に比べ通気性が悪くなりがちなのは間違いありません。

また、冬は寒いがゆえに体はエネルギーを消費し体を温めようとするため高温多湿になりやすい足は予想以上に汗をかき、暖かい室内に入ろうものなら冷房が効いた部屋にいることも多い夏より汗の量が増えることも。

つまり冬の足の臭いというのはタイツやブーツを履く機会が増える女性のみならず、同じくブーツや厚手の靴下を履くことが多くなる男性も要注意なのです。

冬の足の臭いを防ぐためには

人間である以上「汗をかく」という生理現象を完全に抑えることはできません。

そのため冬の汗を防ぐには…

  • ■汗をかく量を減らす
  • ■蒸れにくい状況を作る
  • ■雑菌・細菌を増加させにくくする

…この3点が重要になってきます。
ひとつずつ見ていくと…

■汗をかく量を減らす

汗をかく量を減らすというのは次に書く「蒸れにくい状況を作る」と被る部分も多いのですが、基本的には高温多湿にならない状況を作ることになります。

ブーツやタイツの使用を控えたり、どうしてもそれらを履く際には厚手の靴下を合わせることを避けたり…といったことが基本になります。

女性に多い冷え性は自律神経の働きを弱め足汗の原因となってしまうので、家にいる時などは足を冷やさないよう心がけると共に、積極的に運動を行うことによって基礎代謝を上げ冷え性になりにくい体にすることも有効でしょう。

■蒸れにくい状況を作る

靴の中が蒸れ蒸れの高温多湿という状況は細菌や雑菌がもっとも増殖しやすい環境になります。

この状況を避けるには通気性や吸水性が悪いブーツやタイツ、ストッキングを履かないよう心がけることがもっとも重要で、スニーカーに5本指ソックスであればかなり改善するはずです。

「せっかくの冬にそんな格好したくない」という方も多いとは思いますが…

■雑菌・細菌を増加させにくくする

足の臭いの原因は雑菌や細菌の増加によるもので汗や蒸れはそれを助長するものにすぎず、菌の増殖を抑えることはもっとも根本的な解決法といえ、そのためには靴・足の両方からアプローチが必要になります。

まず靴のほうは一度履いたらさっと消臭・殺菌スプレーを使用し、その後なるべく通気性の良い場所に置いておくのがベストで、靴箱などに入れる場合は乾燥剤の使用などでできるだけ湿度を下げるようにしましょう。

次に足ですが、足の中でも特に菌が多い場所が足の指の間と爪の間になります。

ですから入浴時にしっかりと足の間を洗ったり、爪を短く切り爪垢がたまらない状況を作ったりすることが重要で、水虫などはもってのほかです。

また足に付着した垢やかかとに残った角質は菌の恰好のエサになり増殖しやすい環境になってしまいますので、垢が付きやすいくるぶしの周りやかかとはしっかりと洗うようにして下さい。

冬だからといって油断しないことが重要

冬は外気温が低く乾燥しているからと足の臭いには無頓着になりがち。

しかし冬でも靴の中の環境は十二分に高温多湿で、しかもブーツやタイツを多用する機会が増えますから、場合によっては夏より足が臭い…なんて事態が起こりえます。

外出先での食事の際、座敷に上がるため靴を脱いだら臭いがムワ~ン…なんてなった日には異性に幻滅されかねませんし、同性相手でも情けないわ申し訳ないわで肩身の狭い思いをしてしまうことでしょう。

そうならないためにも普段から靴や足のケアを怠らないようにし、また同じブーツの多用やタイツと厚手の靴下の組み合わせなどを避けるよう心がけるようにして下さい。

制汗スプレーや消臭スプレーをはじめ足の臭いを抑える製品も様々ありますので、それらを上手に利用することで手間が省けたりより効果が高まったりすることも期待できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする