足がクサイ! 実は女性もヤバいその臭い

男性だけじゃなく女性も臭い足
どこかに出かけた後や仕事の後に自宅で靴を脱いだら…くっさ~…

こんな経験は男性であれば誰でもあるとは思います。

ただ、一般的には「足が臭いのは男」という印象があると思いますが、それは「女性は臭くない」というイメージによるもので、実際は女性の足もかなり臭い場合が多く、あるデータではむしろ女性の足の方がにおいがきついなんて結果も。

そうであれば男性の夢を壊すことにもなりかねませんが、本当に女性の足は臭いのでしょうか?

女性の足は男性より臭い?

女性のとっては他人ごとではない、男性にとってはなんとも悲しい事実であろう“女性の足が男性より臭いとする根拠があります。

ある制汗デオドラントメーカーが行った調査では、男女が1日中靴を履くという状況で午前10時と午後5時半に男女の足指の間から細菌を摂取しどれだけニオイ菌が増殖しているかを調べたもの。

この調査では靴下に革靴を履いた男性では午前に比べ午後のニオイ菌の量は4倍だったのに対し、ストッキングにブーツという女性は23倍と実に男性の5倍以上の数になっていたというもの。

この中では通気性の悪いストッキングとブーツという組み合わせが靴内の高湿度を作り出し、雑菌の大幅な増加につながったとしています。

女性が仕事などで履くことが多いストッキングは靴下のような吸水性がないため中は非常に蒸れやすく、そこにパンプスなどが組み合わさると逃げ場のない汗によって常に高い湿度と温度を保つようになり、それが細菌や雑菌を増殖させる原因になります。

これが事実ならオフィスで働く人は男性より女性のほうが足が臭いということになりますが…

必ずしも男性のほうが足が臭いわけではない

上記の調査では女性は男性の5倍以上の雑菌やニオイ菌が繁殖していたことになりますが、これはあくまでも男女一人ずつを対象にした調査なのでほんの一例であり、実際の足の臭いには様々な要因が絡みます。

ですから単純に「男性のほうが臭い」「女性のほうが臭い」とは言い切れないものの、通気性、吸水性の悪いストッキングやタイツを履いたりショート・ロング問わずブーツを履くことも多い女性のほうが蒸れやすく雑菌が増殖しやすいのは間違いなさそうです。

靴下にスニーカーを履けばずいぶん解消されるのかもしれませんが、女性らしいオシャレを楽しむことを考えると…悩ましいですよね。

当ブログではそういった臭いに関しても様々な対処法を掲載していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする