強烈なその足の臭い…水虫が原因かも

水虫が足の臭いを悪化させる
足の臭いというのは座敷などで靴を脱ぐ場面で非常に気になる問題で、異性に対してはもちろん同性にも悪い印象を与えてしまいかねません。

そんな足の臭いと並び代表的な足のトラブルといえば「水虫」。

水虫は白癬菌が原因でジュクジュクしたり皮がむけたり、かゆかったりと不快な症状を示し、また完治させるには根気よく治療していかなければならないやっかいなものですが、この水虫は足の臭いを引き起こす原因にもなります。

足が臭い上に水虫なんて最悪の組み合わせで少しでも早く治したいところなので、その原因や治療について探っていきたいと思います。

そもそもなぜ足は臭くなる?

「なんで水虫だと足が臭くなるの?」

その疑問に答えるにはまず足から臭いが発生するメカニズムを知る必要があります。

足の臭いの原因というのは靴の中でかく汗や蒸れだと思っている方も多いと思いますが、これらはあくまでも“間接的”な原因にすぎません。

というのも汗は本来無臭で、蒸れに関してもそれ自体が臭いを発生することはありません。しかし汗は靴や足に付着している細菌や雑菌のエサになり、蒸れて高温多湿になっている靴の中というのは菌が増殖するのに適した環境。

つまり足の臭いの原因は「菌」であり、靴の中で細菌が増殖しやすい環境だと足が臭くなるのです。

細菌や雑菌のエサになるのは汗だけではなく、足や爪の間の垢やかかとに付着しがちな古くなった角質なども同様で、端的に書くと足のメンテナンスがしっかりしてないと臭外発生しやすくなる…ということになります。

水虫だと足が臭くなる理由

上記を踏まえて水虫の環境を考えてみましょう。

水虫というのは白癬菌が足に付着し増殖、真皮に定着することで起こる症状で、水疱ができたり、それが破れてジュクジュクの状態になったりし、かゆみも強いですからついついかいてしまいがちで、それが水疱の破れや皮がむけるといった状況をさらに悪化させます。

むけた皮というのは細菌の恰好のエサになりますし、ジュクジュクの状態は靴の中の湿度を上げ細菌にとって好ましい状況で、しかもその状況では白癬菌と戦うためのリンパ液が常に滲んでいる状況となり、そのリンパ液などの浸出液がまた細菌のエサとなってしまうのです。

水虫はいくつかの種類がありますが、指の間がジュクジュクの浸潤状態になるものや乾燥し皮がむけたりかかとの角質が厚くなるものなど、何かしら臭いの元となる細菌の増殖に都合の良い状況を作り出してしまいます。

水虫はほぼ確実に足の臭いを悪化させるので、足の臭いが気になっていて水虫もある場合はまず治療から行う必要があるでしょう。

ちなみに水虫の原因となる白癬菌は臭いの原因にはなりません。

水虫が先か、足の臭いが先か

水虫が足の臭いを酷くするのは間違いありません。

ですから「水虫があるから足が臭い」と考えがちですが、少し考え方を変えると「足が臭いから水虫になった」という可能性も考えられます。

どういうことかというと、水虫の原因となる白癬菌は足の臭いの原因となる細菌や雑菌と同様に高温多湿の環境で活性化し、その環境が長く続くことによって水虫の発症に繋がるため、「足が臭くなる環境=水虫になりやすい環境」なのです。

足が臭くなる環境だからこそ水虫が悪化し、そしてそれがさらなる足の臭いの原因になる…という状況も十分に考えられるように、この2つは相関関係にあるのです。

これはつまり、せっかく水虫を治療しても足が臭くなる環境をどうにかしないと再発する可能性高まることを意味し、また治療期間も長引くことになるでしょう。

まずは水虫の治療・予防を最優先する

もし足が臭いことに悩んでいて水虫も持っているのであれば、まずは水虫を治さなければ足の臭いが改善することも期待できないので治療に集中してください。

足が臭くなる環境というのは水虫になりやすい環境とイコールであるということは、逆に考えれば足が臭くなりにくい環境は水虫にもなりにくいことになり、水虫の治療のため通気性などに気を遣うようになればおのずと足の臭いも軽減されるはず。

ただ、水虫の治療は薬を塗ったからすぐに良くなるわけではなく、最短でも2~3ヶ月は見ておく必要があり、状況によってはもっと長引くこともザラにあります。

表面上水虫が治ったように見えても白癬菌は角質などの奥深くに潜伏していることも多く、それらを完全に殺さない限り水虫は何度でも再発するので、治ったと思ってもしばらくは根気強く薬を塗り続ける必要があるのです。

そして水虫の治療や予防を意識すれば足を清潔に保ち、靴や靴下の通気性に気を配る必要が出てきます。それは足の臭いを予防する方法とまったく同じでもあるので、水虫の有無はさておき「水虫にならない状況」を意識してみると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする